「健康日本21」をご存知ですか?

日本はこれから高齢化社会を迎えますが、医療に対する不安はありませんか?
逼迫する保険財政、高額化する負担金、増えない収入、と医療に関する環境はあまり期待できないのが現状ではないでしょうか?

そこで医療のお世話にならないですむように生活習慣を考え直しましょうというのが「健康日本21」なのです。

現在多くの方が糖尿病、高脂血症、高血圧などの生活習慣病で治療を受けています。また男性の肥満も増加してきています。これらの危険因子のある場合、脳卒中や心筋梗塞、腎不全などの重い病気を起す確立が高くなってしまうのです。

これらの生活習慣病は言葉のとおり生活習慣を改善することが治療の基本であり、また予防にもなります。現在治療中の方は医師の指示を守り、その上で改善の努力をしてください。

「病気にならない生活習慣、早期発見・早期治療」

この考えのもとに私たちは皆様のお手伝いをしていきたいと思います。