百薬の長、お酒も過ぎれば害になります。

肝疾患、脳卒中、がん等多くの疾患がアルコールと関連するとされています。
「節度ある適度な飲酒」としては、1日平均純アルコールで約20g程度と考えられています。
わが国の男性を対象とした研究では、平均して2日に日本酒に換算して1合(純アルコールで約20g)程度飲酒する者が、死亡率が最も低いとする結果が報告されています。

【主な酒類の換算目安】

お酒の種類 アルコール度数 純アルコール量
ビール(中瓶1本500ml) 5% 20g
清酒(1合180ml) 15% 22g
ウイスキー・ブランデー(ダブル60ml) 43% 20g
焼酎(35度)(1合180ml) 35% 50g
ワイン(1杯120ml) 12% 12g