漢方健康案内

なぜ、風邪をひきやすい人と、ひきにくい人がいるのでしょうか?
良く風邪をひかれる人と、ひきにくい人がいらっしゃいます。

ひく人は体力がなく、ひかない人は体力があると簡単に言う事も出来ます。
しかし、なぜこの様な差が出来るのでしょうか?

生まれつきからだの弱い人と強い人があると思います。しかしその後の生活の中で人の体には四季の移り変わりによる寒さや暑さ、生活環境、仕事、食品などにより長い間にさまざまな変化を受けています。
体にとって良いものならば、生まれつきからだの弱い人でも少しずつ体は丈夫になると思われます。つまり風邪などの病気にかかりにくくなります。またいくら生まれつき体の丈夫な人でも体にとって悪いものならば知らず知らずのうちに体は衰え風邪などの病気にかかりやすくなると思われます。(他にも老化などいろいろの条件もあると思いますが)
つまり、日々の生活の中で、風邪などの病気になりやすい体質、病気が治りにくい体質、つまり細菌やウイルスに対し抵抗力が弱かったり、四季の変化(寒暖の差)に付いて行けない体を作ってしまっているのではないでしょうか。
さらに現代の生活環境{エアコンなどの空調設備、・食品に使用されている殺虫剤や抗生物質・夜型の生活や仕事など}も大きく影響を与えていると思われます。

 

漢方薬の考えでは病気になったり病気にかかりやすいと言うのは体のバランスが崩れているためだと考えられています。

今の症状はどうして出ているのか?今、体のどこのバランスが崩れているか、常に体の状態を考え原因を探りながら体のバランスを整える漢方薬をお選び致します。

最近の西洋医学の治療法やお薬には目をみはるものがあります。これらにより多くの方の命が救われたり、病気が治癒しています。しかし一方では病院で検査しても大きな異常がないにもかかわらず、自覚症状があったり、またよく風邪などの病気にかかりやすい、冬場に冷えたり夏場暑くなると特定の場所に毎年同じような症状が出る、老化と共に腰が痛くなった等、その他慢性疾患でお悩みの方等ぜひご相談下さい。

漢方薬も決して万能薬ではありません。大切なのは個人個人にあわせた日々の健康管理です。また必要に応じ病院で検査をしたり病院のお薬や一般薬をお使い頂き健康な毎日をお過ごし下さい。

 

あなたも漢方相談してみませんか。

・今の症状・今までの食生活・病歴・今お飲みのお薬・体質等を詳しくお聞きします。
・症状の原因を考えます
・症状にあわせ漢方薬をお渡しいたします。
・特に慢性疾患の場合には自覚症状を抑える薬の他に体質改善を目的としてお薬を選びます
・症状により服用量に多少の差がありますが目安として1日分(1日3日1回1包)で1処方200円から400円です。

私が担当いたします
本店 薬剤師 臼井 邦夫
事前にお電話頂ければ幸いです。
TEL:0466-36-8019